案内

介護などの需要が高い仕事に就こう~専門職の求人案内~

スタイルに慣れましょう

車

多くの会社から選べます

転職先として、タクシー運転手は昔から多く挙げられている職種です。転職サイトに掲載されている「ドライバーの声」を読んでみると、そのほとんどが転職をされてタクシー運転手に就いた方々であることがわかります。求人について調べてみても、あまり厳しい応募条件はありません。年齢もかなり高目でも、応募可能範囲に入っている場合が大半です。こういった部分が転職先として根強い人気に繋がっているのでしょう。さらに、例えば都内だけも多くのタクシー会社があり、そのほとんどでドライバーが募集されています。応募者にとっては、多くの会社から自分に合ったものを選べるという状況になっているわけです。説明会が行われている会社も多いですので、まずはこちらに参加してみるのも良いでしょう。

体調には気をつけましょう

タクシー運転手の勤務スタイルは、他の業種と比べてかなり特殊であると言えるでしょう。「隔日勤務」と呼ばれる方式が一般的であり、2日以上連続で勤務することはまずあり得ません。1日勤務したら翌日は休日となり、その他の休日もありますので、1ヶ月の勤務日数は平均で11〜13日ぐらいです。月の半分以上は休日というわけです。しかし、その代わりに1日の勤務時間は長く、朝に営業所を出発して深夜に戻ってくるのが普通です。お客様を乗せていない時でも、車道を走っているわけですから、運転には注意をしなくてはなりません。人間は1日の中で、どうしても集中力の落ちる時間帯がありますから、少しでも疲労を感じたら、休憩をきちんと取るようにしましょう。